アジア大会に出場して

~ダンスビュウ掲載原稿~

 

はじめに

 

この度は多くの皆様のサポートのおかげで昨年のアジア大会におきましてメダルを獲得することができました。

この場をお借りして皆様にお礼を申しあげます。本当にありがとうございました。

皆様に感謝の気持ちを込めまして、私達がアジア大会を通して経験した様々なことをお伝えできればと思います。

 

代表決定まで

 

私(貫名)が大学卒業後に正社員として入社した株式会社ソピアにサポートして頂きました。

アジア大会の代表になることを目標にダンスを頑張っていることを知った直属の上司が

社長に話をしてくださり、アジア大会まで全力でダンスを頑張ってよいということになりました。

アジア大会は社会的に認知された大会だということを改めて実感出来た出来事でした。

また、そのような決断をしてくださった会社の皆様には本当に感謝しております。

 

イタリア留学

 

会社にサポートをしていただきダンスに割ける時間が多くなってくると

海外の競技会に出場したり、外国の先生に習う機会が多く持てるようになりました。

私達はイタリアのウィリアム・ピノ&アレサンドラ・ブッキャレリ組にレッスンを依頼し、

代表選考会からアジア大会までの約1年半もの間、日本とイタリアを往復する生活を送りました。

ウィリアム組のスタジオはローマから車で約30分ほどのアプリリアという小さな町にあります。

スタジオ近くのフラットで海外の選手と共に生活をしてレッスンを受けました。

練習会で海外のトップ選手と踊りこみをしたり、一緒にフィジカルトレーニングをした経験は一生の宝物です。

 

代表選手の強化

 

日本では代表選手の強化練習会を毎週水曜日と土曜日に開催していただきました。

JDSFのDTCの環境をフルに活用して代表選手と一緒に踊りこんだり、ソロ演技の練習をしたり、

海外の練習会のアイディアを取り入れたりと選手と役員の皆様と様々なアイディアを出して練習しました。

また、メディカルトレーナーである佐藤先生に定期的に身体をサポートしていただいたり、

東海大学の高妻先生、小松先生にメンタル面をサポートしていただいたり、同じく東海大学の有賀先生にダンスに特化した

フィジカルストレングスメニューを作成していただいたりしました。また、都立大学の稲山先生には食事の相談をさせていただいたりと

各方面のプロフェッショナルの方々に強力にバックアップしていただき不安はほとんどありませんでした。

合宿ではヘアメイク講習、ドレス講座などダンスに関するあらゆる面の勉強もさせていただきました。

大会に向けたドレスもタカダンスさんがフルサポートしてくださり、今の流行や私達のスタイルを考えたドレスを

提供していただきました。

 

JOCのサポート

 

JOCのサポートを受けれるようになり、NTCでのトレーニングやJISSでの食事やフィジカルチェックなど

オリンピック選手が使用する環境を利用できるようになったことも大きかったです。

トレーニング施設は各競技の代表選手が利用していてとても刺激を受けます。

フィジカルチェックでフィギュアスケートの選手と一緒になったときに高橋選手や安藤選手など

世界の一線で活躍する選手と交流が持てたことが今でもとてもいい思い出になっています。

 

選手村

 

選手村はアジア大会で初めて経験しました。日本選手団は会ったら誰でも挨拶をしますし、

日本が一丸となって戦う雰囲気がありました。食事はレストランで24時間いつでも好きな時に食べれますし、

おなじみのマクドナルドも1日4回まで自由に利用できました。そのほかに日本選手のサポートハウスもあり、

日本食のレトルトやウィダーの製品を提供してもらえました。メディカル機器も最新のものが用意されており、

大会前日はマッサージ機器で疲れを取ったり、リフレッシュルームでリラックスしながらコンディションを整えました。

 

 

アジア大会当日

 

アジア大会が開催される中国の広州には日本から本当に多くの方が応援にかけつけていただきました。

地元中国の応援に負けないぐらい大きな声援を送ってくださり、本当に心強かったです。

当日は今までにないくらいの緊張感が張り詰めており、応援の声は本当にありがたかったです。

本番では選手全員がベストなパフォーマンスをしていたのではないかと思います。

 

最後に

 

アジア大会の代表選手として唯一の学連出身である私達がメダルを獲得できたのも

多くの先輩方やサポートをしてくださった方々のお陰だと思っております。

この貴重な経験を後輩に伝えていくことが私達の使命です。

微力ながら今後のダンス界の発展に貢献できればと思います。

これからも是非応援をよろしくお願いいたします。