大人のスキマ時間勉強法

~ダンスビュウ掲載記事~

 

皆さん、お久しぶりです。貫名・柴原組です。

これから「ダンスバカ」であるリーダーの独断と偏見でこの記事を書かせていただきます。

あまり真剣に読まれると恥ずかしい内容ですので、「ふ~ん」と軽く受け流してお読み頂ければと思います。

(最初にこの記事のタイトルに惹かれた方はもしかすると僕と同じ「何とかバカ」かもしれません。)

 

人がやらない時間 ~スキマ時間~

 

僕が大学1年生でダンスを始めたばかりの頃に、ある先輩から聞いて今でも忘れられない言葉があります。

それは、「ダンスがうまくなりたかったら、普段の生活から意識して直してください」というものです。

何気ないひと言でしたが、僕はそのひと言に勝手に衝撃を受けていました。

例えば、ダンスを踊るときには誰もがダンスを意識すると思いますが、

ダンスを踊らない普段の生活のときにダンスを意識する人はそうそういないはずです。

「デビュー戦で勝ちたい」

当時その思いが強かった僕は、”目標達成の方程式”を自分なりに考えていました。

「目標達成=練習量×練習の質- 恥じらい」と紙に書いて先輩に見せたのを今でも覚えています。

量と質どちらかが0なら0になってしまいますし、どちらも高めていくことで成果は見えてくると思ったのです。

その日から「いかに人より質の高い練習を多くするか」が僕の行動指針となりました。

そこで、まず人より練習量を増やすには、、と考えた結果、

「人がやらない時間もやる」という結論に達し、スキマ時間の活用を意識しはじめたのです。

 

スキマ時間の実践 ~常にダンス~

 

まず意識し始めたのが、普段の歩き方です。学生時代は「まっすぐ立て!」、「頭を高い位置に!」などと言われることが多く、

ダンスといえども姿勢については自分の意識次第ではいつでも練習出来ると思い、

その日に言われたことを普段の歩き方で練習してみることにしました。

最初は不自然でしたが、だんだん人目も気にならなくなり、所かまわずにやるようになりました。

自分の掲げた目標を達成するために恥じらいを捨てることは本当に大切なことだと思います。

自転車に乗るなら、「骨盤を垂直に立て、背筋が曲がらないようにペダルをこぐ」などと強烈に意識し、

周りからはその姿勢のよさをよく笑われていました。僕は開き直って、

「ワルツでスイングするときに風を感じるみたいになるよ」などと言って受け流していました(笑

もうバカとしか言いようがありません。

その成果もあり!?デビュー戦で見事優勝してしまいました!

それからどんどんエスカレートしていったのは言うまでもありません。

ちなみに当時1年生のデビュー戦で組んだパートナーは今のパートナーでした。

 

現在 ~三つ子の魂百まで~

 

現在私達は会社員をしながらダンスに励んでおります。

最近は本当にスキマ時間が大切になってきていて、ビジネス書でもこの類の書が多いのも必然だと思います。

限られた時間で、成果を出すのが仕事です。

そして、競技ダンスも限られた時間で、成果を出すことが求められます。

そういった意味で、競技ダンスはビジネスと通じるところが本当に多いと思うのです。

そう考えますと、ビジネスで学んだ多くのことはダンスに活かせるのではないでしょうか。

例えば、仕事の質を高めることは、練習の質を高めることと同じ、

問題解決のスキルは、ダンスの問題点を解決する力と同じ・・・などなど、

すべてのことに手を抜くことなく、常にダンスを通した自己の成長に繋げて考えることで、

アマチュアとして真摯にダンスに取り組めるのではないかと考えております。

 

現在実践していること ~アイテム編~

 

「MBT」

約三万円する靴ですが、身体に関して本当に信頼しているトレーナーの先生に紹介していただいたので、

思い切って購入して以来、カップルで毎日履いています。マサイ族の歩行を科学した靴で、

靴底が丸くなっているという本当に変わった靴です。足を使う感覚が身につき、姿勢も改善されます。

絶対に厚底だと思われますが、人の目は気にしません(笑

スキマ時間を利用する大人のトレーニングとして皆さんに推薦いたします!

 

以上、僕のバカさを露呈する記事を書いてしまい、

「これだから電通は・・」と日本女子体育大学のパートナーに言われることは間違いないですが、

常に自分を進化させ、成長させていきたいという気持ちがお伝えできればと思い書かせて頂きました。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

こんな私達ですが、これからもどうかよろしくお願いいたします。